Home > 支援メニュー > 認知症在宅介護研究会

認知症在宅介護研究会 テーマ

 認知症のご家族を在宅で介護する場合には、まだまだたくさんの課題と問題が山積しています。我々の研究会は、在宅介護に必要になる様々な手法、その時々に必要な制度や介護施設とその利用についてどのように組み立てればよいのか、仕事は?収入は?介護を終えたときにどうすれば?などのテーマについてノウハウの蓄積、サービスの開発など研究を進めております。

 同時に、その研究開発結果は当社団運営にフィードバックされ、会員の皆様がスムーズに在宅介護を行う為の施策へと還元されていきます。言いかえると、当社団のアイデアが生み出されるエンジン部分であるといっても過言ではありません。


研究テーマ 第一弾 (Gr1)

 

在宅介護に必要な行政による支援サービスの研究グループ

 当研究グループの研究テーマは、『行政等介護制度研究』です。在宅介護に必要不可欠な介護保険をはじめとした様々な行政の制度を制度ごとの縦割りではなく、民間サービスを含め横に幅広くつなげて網羅し、要介護度に応じて対応させることができるように情報整理を行い会員向けにフィードバックする研究グループです。


構成メンバー

【議  長】
 
【コーディネーター】
 
【研究メンバー】
  3〜5名募集いたします。ご応募はこちらからお願いいたします。
 
【特別監修】
  協議中です。


開催概要

 ◇ 毎月1〜2回の開催を予定しております
 ◇ 研究対象地域は横浜市及び川崎市です。
 ◇ 各メンバー持ち回りで課題の振分けと発表を行っていただきます
 ◇ 開催日程はメンバーのスケジュール調整により決定します
 ◇ 開催場所は当社団本部を使用します
 ◇ ケアマネージャーさんなど専門職の方のご参加歓迎します
 ◇ 社団内研究会につき、報酬は現在のところありません



研究テーマ 第二弾 (Gr2)

 

認知症の在宅介護を少しでも楽にする研究グループ

 当研究グループの研究テーマは、『認知症の在宅介護を少しでも楽にする』です。在宅介護を少しでも楽にする、負担を減らす為のツールや手法の開発を行い会員向けにフィードバックする研究グループです。


構成メンバー

【議  長】
 
【コーディネーター】
 
【研究メンバー】
  1〜2名募集いたします。ご応募はこちらからお願いいたします。


開催概要

 ◇ 毎月1〜2回の開催を予定しております
 ◇ 開催日程はメンバーのスケジュール調整により決定します
 ◇ 開催場所は当社団本部を使用します
 ◇ 介護専門職・在宅介護経験者の方のご参加歓迎します
 ◇ 社団内研究会につき、報酬は現在のところありません



この先立ち上げたい認知症在宅介護についての研究テーマ

大きな流れと大きな視点での研究

 ◇ これからの介護保険制度と介護保険施設についての展望と予測
 ◇ 新薬の開発情報とその評価について


身の回りで起こる大きな問題の研究

 ◇ 在宅介護が苦しくなったときに必要な施設・サービスについて
 ◇ スムーズな介護を実現する為の手法や接し方についてのケーススタディー
 ◇ 主介護者の介護終了後も見据えた仕事と所得、資産保全の問題について


その他の研究

 ◇ 薬と飲み合わせ及びその効果に関するケーススタディー
 ◇ 家族のあり方について
 ◇ 看取りについて